うつ病の原因

うつ病を引き起こしやすい病気

2020年2月27日

体の病気が原因でうつ病を引き起こすことがあります。うつ病を引き起こしやすい病気としてよくあげられるのが、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、てんかん、パーキンソン病などの脳器質性疾患です。

不眠やゆううつ、集中力の低下など、うつ病と同じような症状があらわれます。他にもうつ病を引き起こしやすい病気はたくさんあります。

 

「うつ病を引き起こしやすい体の病気」

 

○脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの脳血管障害

○てんかん

○認知症

○多発性硬化症

○糖尿病

○クッシング症候群

○甲状腺機能低下症、副甲状腺機能亢進症状などの甲状腺疾患

○心筋梗塞

○気管支ぜんそく

○関節リウマチなどの膠原病

○肝炎、HIVなどのウイルス感染症

○血液透析

○過敏性腸症候群

 

これらの病気が原因で、うつ病を引き起こすことがあるので注意が必要です。

原因としては、脳やホルモンなど身体の病気に加えて、病気に対する心配や不安などの精神的ショックが大きく関わっていると考えられています。

上記にあげたような病気の患者さんを調べたところ、およそ3割の人がうつ病を併発しているというデータがあります。

体の病気とうつ病が合併すると、両方の病気が治りにくくなり、合併している場合は、それぞれの治療が必要となりますので、注意が必要です。

 

「自律神経失調症とうつ病」

ストレスなどが原因で、自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、様々な症状があらわれることを“自律神経失調症”といいます。

めまいや動悸、体がだるい、頭痛などの症状がよくみられますが、自律神経失調症は病名ではなく、状態をあらわすものです。

頭痛や体がだるいなど体調が悪く、自覚症状を訴えて検査をしても、原因が分からず病名がはっきしりしない場合に自律神経失調症と診断されることがあります。

うつ病で起こる不眠や体のだるさなどは、自律神経系や内分泌系の症状なので、うつ病もある意味では自律神経失調症といえるかもしれません。

しかし、自律神経失調症には明確な診断基準がないため、頭が重い、眠れない、疲れがとれないなどの症状がある患者さんを、自律神経失調症とひとくくりにしてしまっているケースがあります。

 

「自律神経失調症の症状」

自律神経失調症もうつ病と同じように体の症状とココロの症状があります。

自律神経の交感神経と副交感神経の2つがバランスを保ち、うまく切り替わることで私たちの健康は成り立っています。

自律神経はからだのすべての器官をコントロールしているため、交感神経と副交感神経の切り替えが狂うと、心臓や血管、呼吸器、消化器、筋肉や関節など、からだのあちこちに症状があらわれます。

 

「体の症状」

体の症状のなかでも全身に現れる症状と、自律神経が全身のほとんどの臓器や器官につながっているので、各器官に現れる症状があります。

全身に現れる症状

〇倦怠感や疲労感

〇睡眠障害

〇食欲がなくなる

〇めまいや立ちくらみ

〇微熱や体のほてり

各器官に現れる症状

〇頭痛、頭が重い

〇目が疲れる、目の乾き、涙目になる

〇耳の閉塞感や耳鳴り

〇口が乾く、味覚異常、のどの異物感や圧迫感、のどがイガイガする

〇動悸や息切れ、手足の冷え

〇吐き気、膨満感、下痢や便秘

〇頻尿、残尿感、尿が出にくくなる

〇性欲の減退、インポテンツ、月経異常

〇手足のしびれやほてり

〇肩や首のこり、関節がだるい、筋肉の張り

〇皮膚の乾燥やかゆみ、髪の毛が抜ける

 

「心の症状」

体の症状以外にもさまざまな精神症状もあらわれます。自律神経失調症は、指令を出す視床下部にトラブルがおきているので、感情や精神活動をつかさどる大脳辺縁系や大脳皮質との伝達に支障が生じ、精神面にも影響が出てしまうのです。

主な症状としては

〇無気力でやる気がおこらない

〇イライラする

〇不安でしかたがない

〇憂うつになる

〇悲観的になり落ち込む

〇何事にも無関心で興味がもてない

〇些細なことが気にさわる

〇気持ちが落ち着かない

 

などがあります。

 

「心と身体は関係しています」

憂うつな気分でいると頭痛がする、胃が痛くなる。また、体調が悪くなると気分が落ち込むというように、身体と心は密接に関係しています。

そのため、自律神経の症状は、ガンなどの体の病気のときにも、うつ病などのココロの病気のときにもあらわれます。

これらの体の症状とココロの症状が、単独で出る場合もあれば、複数の症状が重なって出ることもあります。

症状は、その人のからだや心の弱い部分にあらわれますが、症状の出方はさまざまです。

症状が変化したり、突然消えたりすることもあり、診断を下すのが難しいといわれています。自己診断で決めつけるのは危険ですが、どんな症状が起こるのか知っておくことが大切です。

 

「専門医の心療内科がオススメ」

このようにうつ病と自律神経失調症の症状はとても酷似していて、実際にはうつ病でも、自律神経失調症と診断されていることが多く、適切にうつ病の治療がなされていないことがあります。

うつ病は適切な治療をしないと、どんどん悪化してしまう病気です。最悪の事態を避けるために、自律神経失調症と診断された場合でも、もう一度しっかり精神科や心療内科の専門医に診てもらうことをおすすめします。

 

  • この記事を書いた人

たつや(心理カウンセラー)

元製薬会社勤務で医薬品とサプリメントの部署で営業マンをやっていました。医薬品とサプリメントの情報なら専門家にお任せください。 僕も多忙から、うつ病になり退職しましたが、十分に休養して社会復帰できました。 現在は心理カウンセラーとして、うつ病や抑うつ状態の方を積極的に支援しています。

-うつ病の原因